【保存版】ストレッチとパフォーマンスの関係。正しいストレッチで意識する事とストレッチの意義。

投稿日:

 

Morning-Stretch

アスリートにとって運動前にストレッチをするのは当たり前のことのように認知されていますが、どんなストレッチが効果的かまで意識して行っている人はそんなにいないでしょう。

ましてや、そもそもストレッチをしたから怪我を防げるかと言ったらそういうわけではありません。

ストレッチに関して正しく理解をしていない人が多くいるので、効果的なその方法とストレッチの本質的な意味を解説してきます。




静的なストレッチと動的なストレッチ

ストレッチには一般的に二種類あり、静的なストレッチと動的なストレッチに分けられます。

違いは以下の解説。

静的なストレッチ

静的なストレッチとは

  • 身体の伸ばしたい筋肉を出来るだけ伸ばし
  • その姿勢を決まった時間で維持し続ける

ストレッチを指します。

例えばふくらはぎの筋肉を伸ばす場合、足を前後に開き後ろに来ているかかとから膝までの筋肉を伸ばします。

この時、静的なストレッチでは出来る限り勢いはつけずにじんわりと伸ばしていくイメージです。

静的なストレッチの一番のメリットは身体の可動域を広げるということ。

動的なストレッチ

動的なストレッチとは、字のごとく動きながらストレッチを行うこと。

別の言い方をするならば動的なウォーミングアップと言い換えても良いかもしれません。

従来の静的ストレッチは身体のそれぞれの特定の部分に着目して筋肉を刺激していましたが

動的なストレッチは動きの中で体温を上げることにより

  • 筋肉や腱の柔軟性を高める
  • 血流を末端の筋肉まで届かせる
  • 協調運動の反応を良くする

という効果が期待できます。

パフォーマンスを高めるのは動的なストレッチ

上記で挙げたように静的なストレッチと動的なストレッチそれぞれにメリットがありますが、アスリートやスポーツを行う人が取り入れるべき最適なウォーミングアップ方法は動的なストレッチです。

上でも紹介したように動的なストレッチでは静的なストレッチに比べ動きに沿った形で筋肉を伸ばすので、運動能力を損なうことなく身体を調整することが出来ます。

ではなぜ静的なストレッチが

ストレッチを行うと怪我の防げるか?

静的なストレッチがパフォーマンスに影響するもう一つの理由は、身体の可動域が広がることが怪我の予防につながるとは限らないからです。

というのも筋肉が損傷するときというのは、身体の可動域内で大きな負担をかけられながら筋肉が収縮している時に起こります。

つまり可動域が広い事と怪我が起こるメカニズムとは必ずしも関係しているとは限りません。

運動後のストレッチと筋肉痛

運動後のストレッチと筋肉痛には相関関係があるのかという話。

筋肉痛の原因とは

筋肉痛とは要は筋肉が痛んでいる状態を指し、運動後に筋肉が痛いっていうのは遅発性筋肉痛(DOMS)と呼ばれています。

この筋肉痛の原因は実ははっきりと分かっておらず、今最も有力な説では激しい運動によって筋繊維が傷つけられ修復する過程で炎症が起き、生成された化学物質が筋膜を刺激するというものです。

今は難しいことを考えず、筋肉の炎症によって痛くなると思っていただければ結構です。

筋肉痛予防にストレッチは意味がない

上でも解説したようにストレッチが身体に与える効果というのは

  • 可動域が広がる。
  • 柔軟性が高まる。
  • 筋肉の反射が良くなる。

というもので、ストレッチをすることで筋繊維を修復したり炎症を抑えるという効果は確認されていません

じゃあなんで未だに筋肉痛にはストレッチがいいと言われているかというと、一昔前に支持を受けていた仮説で筋肉痛の原因は損傷を受けた筋肉が痙攣を起こして血流が阻害されていたと思われていたからです。

それで血流を元の状態に戻すのはストレッチが良いとされ、対処法として広く認知され一般的に知られるようになりました。

今では研究が進みその仮説は否定がされていますが、当時の対処法があまりにも一般化してしまったので今でも当然のように行われているわけです。

まぁでも筋肉痛の原因とストレッチの効果のロジックをしっかりと考えると、筋肉痛にストレッチは効果がないということが分かるかと思います。

ストレッチをすることで身体をよく知ることが出来る

ストレッチをすることでパフォーマンスに良い影響がもちろん現れますが、ストレッチをすることの一番の意味は身体の状態を正しく把握することが出来るということです。

運動をする前の状態は筋肉が温まっておらず身体がシグナルを正しく受け取ることが出来ません。

人間の生活で言ったら寝ぼけているような状態。

そこでウォーミングアップを始めることで身体中の筋肉に熱と血流が行き渡り筋肉がシグナルを発する準備が出来るので、初めて自分の身体がどのような状態にあるかを把握できるようになります。

つまりストレッチをすることはただの準備運動なだけではなく、今の自分の身体の状態を敏感に感じ取れるようになり、身体と対話が出来るようになります。

この点まで意識すると怪我の予防というところまで意識も向き、パフォーマンスにも大きく影響が出ることでしょう。


まとめ

ストレッチの効果と言っても、最近まで当たり前と言われていたことがどんどん覆されたりしています。

とはいえ今でも運動前のストレッチは今でも有効な効果が示されています。

要は自分のパフォーマンスを最大限にできるストレッチを正しく選んでくださいってこと。

でも身体が固すぎるっていうのもやっぱりよくないので、せめて前屈で手が着くくらいにはなっててくださいねw




-その他

Copyright© 石川個人商店 , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.